迷わずお店に着て頂くには・・・

どーも、お久しぶりです。
最近、Googleマップについて勉強していた店主です。

そこで、今日は私共のような店舗を構えるビズネスをされている
方に必ずやって頂きたいGoogleマイビジネスについてご紹介
させて頂きたいと思います。

Googleマップについて勉強しておきながら、いきなりそれたと
お思いの方もおられるのでは・・・

Googleマップに自店の情報を登録するにはGoogleプレイスという
サービスを利用するのが従来のやり方、だったようですが今多くの企業は
Googleマイビジネスというサービスを利用しています。

GoogleマイビジネスとはGoogleプレイスとGoogle+とういサービスが
統合されたもので、Googleアカウントを取得していれば誰でも登録が
可能です。

Googleマイビジネスに登録すれば、社名の検索などに対して
社名・電話番号・営業時間などの情報がブラウザ上に表示される
ため、ユーザーにより直接的に情報を伝える事が出来ます。

また、私共のような店舗があるローカルビジネスではお店にお客様が
来なければ何も始まりません。

つまり、Googleマップで検索された際に、正しい情報が表示されなければ
Webからのお客様を取りこぼしているようなものです。

また、Web制作やホームページの運営管理についても
SEO対策として効果が高い為、多くの企業やお店が
Googleマイビジネスを利用しています。

まだ、登録をされていないビジネスオーナー様は是非
登録されることをお勧めいたします。

ユーザーのニーズを知る

どーも、最近投稿をさぼっておりました店主です。
久しぶりの投稿ですが今日はアクセス解析を
して知った、お客様のニーズへの対策をご紹介します。

アクセス解析を覚えてから、自店のホームページや
お客様の事が良く見えてくるようになりました。

当店のホームページには私のこだわりのページを
展開しているのですが内容は主にコーヒー豆の
保存方法や入れ方についてです。

アクセス解析をした結果、このこだわりのページが
「コーヒー」「保存」などのキーワードに対し
高いSEO効果があるとわかりました。

そこで、このページでコーヒーを入れるための
器具の販売を開始したところ・・・・

これが、なかなか好調な滑り出しをしており
解析をするまで、器具等はネットで探せば
いくらでも安いものがあるから、自店のサイトでは
売れないだろうと思っていましたが、お客様(ユーザー)
はよりタイムリーな情報、での購買率が高い傾向にあり
求めた情報に対し付随する情報には関心が高いようです。

今後、Web制作をされる方がおられましたら
やるやらないにかかわらず必ず解析ツールを
設置されることをお勧めします。

アクセス解析

最近、気温も暖かくなり春の陽気を感じるようになってきましたね。
最近、私はホームページのアクセス解析を行うようになりました。

アクセス解析はホームページのアクセスログを調べ、自社のホームページに
どの様なアクセスがあるのかを調べる作業です。

アクセス解析を行うには様々な方法がありますが、最も主流になっているのは
Googleアナリティクスというフリーソフトを使う手法です。

Web制作の際にGoogleアナリティクスのトラッキングコードと呼ばれるコードを
ソースコードに組み込むことにより組み込んだホームページにどれぐらいのアクセスが
あるのか、どこの地域からのアクセスが多いのか、何時にアクセスが多いのか等
様々な情報を入手する事が出来ます。

各ページのアクセスや他サイトからの流入を調べる事によりユーザーが
自社のどんな商品やサービスに興味があるのか等のニーズを読み解くことが
出来るため、ホームページ運営にあたりとても役立ちます。

様々なメニューボタン

どーもここ最近、メニューボタンに興味が湧いてきている
店主です。

スマホが普及し始めたころから、いろいろなメニューボタンを
使ったWeb制作が多くなってきました。

そこで、今日は私が気に入っている、いろいろな
メニューボタンのご紹介をさせて頂こうと思います。

【ドロップダウンメニュー】
このメニューはページ数が多いWebサイトでよく使われています。
通常時にはメインメニューだけが表示された状態ですが、カーソルを
合わせると、サブメニューが表示されます。
サブメニューはカーソルを合わせるまで表示されない為、余分な
スペースを取ることがなく、画面上によく多くの情報を掲載することが出来ます。

【メガメニュー】
このメニューはシステム的には上記のメニューとはぼ同じですが
表示される、サブメニューにアイコンやグラフィックが使用されています。
私的には、こちらのメニューの方が気に入っています。

それでは、その他は
次回にでも・・・

オウンドメディア

最近、オウンドメディアという言葉をよく耳にします。
オウンドメディアとは簡単に言うとWebサイトのブログやSNSなどの
広告媒体を使ってお客様にとって有益な情報を配信し自社の
評判やイメージをアップしようとうい考え方です。

そこで、私もお客様にとって有益な情報を配信しようとしているのですが
どんな情報を配信すればいいのかわからず頭を悩ませています。

お客様(自社がターゲットとするユーザー)はどんな情報を求めているのか?

いろいろと調べてみると化粧品会社の事例が分かりやすく参考になりました。

化粧品会社が肌荒れしにくい化粧品を開発し販売する際
附属の情報として、まずなぜその化粧品を使うと肌荒れしにくいのか
また、肌荒れしないために必要な情報

例えば、肌荒れを起こさない為の食事療法、最適な睡眠時間、アフターケアなど
1つの商品に対しそれに付随する様々な情報を配信する事によって
ユーザーが必要とする情報をすべて提供してあげることによって
自社のサイト内でユーザーの目的を完結させる事によって
ユーザーの購買行動に直接訴えることが出来ます。

しかも、ブログやSNSは自社所有の広告媒体であるためコストはかからず
SEO対策としての効果も期待できます。

2016年の新たなWeb制作として今後更に注目し情報を入手しようと
思います。

 

モバイルフレンドリー

お正月の前に年末シーズン到来ですね。
どーも、日々コーヒー豆と奮闘している店主です。

この間、ニュースで2015年はスマホ普及の年なんて言ってたけど
確かに、今ではもうガラケーを持ってる人ってあんまり見かけなくなりましたね。

スマホが普及したおかげで、Wi-Fiなんかも広がって、昔に比べてインターネット環境が
ずいぶん便利になりました。

スマホでインターネットを見ているとスマホ対応させているホームページが増えたなー
なんて思うようになってきたので、これはウチの店もそろそろホームページをスマホに
対応させて見やすくしなければ!

そこで調べてみると、やっぱりGoogleはホームページの設計がスマホでの閲覧基準を満たしている
サイトを検索表示で有利にするって発表していました。

Googleはスマホでの閲覧基準を満たしているサイトを「モバイルフレンドリー」と呼んでいる
らしく、2015年1月から、モバイルフレンドリー化されていないWebサイトに対して
「モバイルユーザビリティ上の問題が検出されました」という警告メールまで送っていました。

やっぱり、2016年はスマホで見れないホームページは検索順位においても不利なんですね。
年内にスマホ対応のWeb制作計画を立てることを目標にします。

日常に役立つ画像検索

ここ数日、寒波が訪れさらに寒さが増してしまいましたね。

ユーチューバーの次はInstagramにもはまってしまっている店主です。

お店でも、よく女性のお客様がInstagramをされているのをお見かけ
していたので仲のよいお客様にInstagramの使い方を教えて頂きました。

その、お客様は好きなブランドの名前をハッシュタグで検索し一般の人が
そのブランドの商品でコーディネートしている写真などを見て、楽しまれていました。

そこで、店主も早速アカウントを取得しました。

普段あまり高価なブランドを身につけない店主はどんなハッシュタグで検索をすればいいのか
分からず、普段よく利用している「#ユニクロ」と検索してみたところ
ユニクロの商品をオシャレに着こなすユーザーの方の写真がたくさん出てきました。

また、ユニクロのオフィシャルアカウントでもオシャレでカッコいい写真が多く
こんな使い方がある事を知った店主は早速真似してみる事にしました。

Web制作にも利用している企業やお店も多かったので、
これから、面白いハッシュタグの付け方などを勉強していこうと思います。

動画配信

どーも、最近寒さが増しなかなか外に出れない店主です。

私最近、寒くて部屋に引きこもっては、「YouTube」で動画ばかり見ているので
自分でも動画を配信してみたくなり、どうせ「YouTube」のアカウントを取得するなら
今、流行りの動画コンテンツマーケティングに挑戦してみる事にしました。

内容は主に、おいしいコーヒーの入れ方をレクチャーしたもので、店のブログやfacebookでも配信しています。
これが、なかなか好評で実際に入れ方を見にわざわざ店に来てくださるお客様もいるほどです。

また「YouTube」は情報の即効性が高いチャンネルでキーワードがハマったときは1日ほどでGoogle の検索エンジンの上位に
表示され、そこから店のホームページへの流入にもつながっています。

Web制作において「YouTube」はSEO対策としての効果も高いようなので、今後も力を入れて取り組んでいこうと思っています。
ECサイトでの効果も高いようなので、運営されている方は是非一度ためされてみては如何でしょう。

 

予約システム

最近ますます寒くなってきましたね。
鍋料理などを扱っておられる飲食店の方は予約が殺到しているのでは?

さて、ここで飲食関係の皆様にお聞きしたいのですが、お店の予約管理などはどの様にされていますか?
私の店ではWeb制作をしたときに予約システムを作ったのですが、最近では予約システム自体を月額で提供している会社もあり、
また、Goodleが無料で提供しているGoogle カレンダーを利用した予約システムなら無料で制作できるようなので簡単に調べてみました。

Googleカレンダーを利用した予約システムのメリットは、Web制作の知識があれば誰でも簡単に制作でき料金は無料な事です。
このシステムを使えばホームページ制作をするうえでコストが大幅に削減することが、出来ます。
しかし、あくまでもGoogleが無料で提供しているソフトを勝手に使っているわけですから、不具合が起きたとしてもGoogleには一切責任は問えません。
そのうえ、Googleがサービスの提供を終了してしまえば予約管理が一切機能しなくなります。

タダより高いものはないと言いますが、
後のリスクを考えるならば多少コストがかかったとしても、きちんとした予約システムを制作する方良い気がしますね。

 

商品のランキングについて

数ある商売の中で我々のように飲食というジャンルはある程度、提供する商品は決まっています。
しかし、決まった商品の中でも様々な種類があり扱う側の私たちでさえ
何がいい商品なのかを見分けることは容易な事ではありません。
その中で自分のこだわりで厳選した商品は全て自信をもって
ご提供させて頂いていますが、お客様の好みはまた別です。

お客様のニーズを知るためにも自社のホームページの人気商品のランキングを
つけることにより今後のWeb制作にも役立ちます。
また、商品にランキングがあれば消費者も商品を選びやすく販売促進に繋がります。